×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

bunguhack top

[ japanese | english ]

ペン:ユニボール・シグノでボールペンでも万年筆気分!   

万年筆使いたい! でもペンよく無くすし、左利きだからうまく書けないし・・

今年の手帳はモレスキンのにしたんです。

 

モレスキンの手帳の紙の素材は、水性っぽいペンの方が書き味が良さそうな感じなので、私が右利きだったら、きっとAmazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」機能に乗せられてLAMYの万年筆を買っていたことでしょう。

 

手帳に関わらず、最近は万年筆のあの「さらさらー」っと書く書き味が羨ましくなっているのですが、左利きには向いてないみたいですね。よくかすれてイラっと来ます。(右の図みたいに、インクの出口を圧迫するような方向にペンを動かすからだと思います)

 

あとペンよく無くすから、高いものは買えないんです。だから万年筆使えなくて良いんです。(自分への言い訳)

モレスキンの手帳

 

今年はモレスキンの手帳にしました

 

万年筆と左利き

 

それに合わせて万年筆にしたいけど、

左利きには万年筆は向いてないんです

 

わかった万年筆はあきらめる! でもサラサラーって書きたいんだよねー

モレスキンとuni-ball signo

 

さらさら〜

 

uni-ball Signoの お色

 

色まで万年筆キブン

 

uni-ball Signo

 

見た感じも持った感じも好きです

さらさらーって書けるの無いかなあ・・と、いろいろと試していたところ、ゲルインク素材?の「uni-ball Signo」が素晴らしい書き味であることに気がつきました。

 

普段使いには0.5mmのがさらさら書けて良いですが、ポケットサイズの手帳には、0.38mmのペン先のが良いかもしれません。

 

最近は日々、さらさら感を満喫しています。

 

そして uni-ball Signo のニクいところは、我々のように万年筆に憧れつつ普通のペンでなんとかしようとしている人の気持ちに応えてか、「ブルーブラック」という色があるんですね。黒だけど微妙に青が入ってる。みたいな色です。

他にも「ブラウンブラック」、「グリーンブラック」があります。渋い。どんな色かは、左の写真を見てみてください。

 

持った感じの重さ、太さ、これはかなり好みが入ってしまうところですが、どれをとっても良い感じで、ポケットに情報カードとuniball-Signoを入れて、日々のメモを快適にしています。

Amazonで買えるけど10個セットとかになっちゃうし、街の文具屋で買おう!

いちおうAmazonで買えるのでリンクは貼っておきますが、10本セットでしか売ってなかったので、試し書きしたり1個づつ買いたかったら街の文具屋さんで買うと良いでしょう。大抵の文具屋さんには置いてあります。

 

uni-ball Signo

 

uni-ball Signo ブルーブラック0.5mm

※ さらさら感を求めるならこっち

 

(10本セットなので注意してください)

 

Amazonの詳細ページへ

uni-ball Signo

 

uni-ball Signo ブルーブラック 0.38mm

※ 小さいサイズの手帳ならこっち

 

(10本セットなので注意してください)

 

Amazonの詳細ページへ

 

まとめ

ボールペンでも万年筆気分が味わいたい! 左利きだから万年筆はちょっと・・という方にむけて、ゲルインクのボールペン「uni-ball Signo」の紹介をしました。

 

いまから街の文具屋さんで試し書きしてこよう!

 

 

トップに戻る?