bunguhack top

[ japanese | english ]

点字を打つためのテプラ   

点字でお手紙を書きたい

「点字で手紙が書きたい」と思ったときに、日常生活からそんな機会があるとは想定しないので、普段から準備をしていない人がほとんどだと思います。だから、そういう必要が出てきたときに、ぼくらは、点字入門の本を見たり、どういう道具で打てば良いの?というのを調べてみたりと泥縄な対応をすると思います。

 

でも、「いま書いて、いま送りたい」のに、書き方を覚えているのでは時間がかかりすぎますね。正しく書けているのかどうかのチェックも自分でやるしかないし、うまくいく気がしません。

 

では「点字プリンター」や「点字タイプライター」というものが無いだろうかと検索してみると、どれも、とても高価。十数万からします。製品を作っている会社の価格設定が悪いのではなくて、数が出ないものなのだから、値段が高くなるのはしょうがない。でも使う側の視点からは、使うのに専門知識がいるのでは?とか使い勝手が洗練されていないのではないだろうか?とか数が出ていないものってことは、この後なくなってしまってサポートが無くなってしまうのではないか?と要らぬ心配をしてしまいます。

 

点字

 

点字が書きたい

 

点字用のテプラというのがあります。

点字テプラ

 

点字テプラ

右上の緑色が「点字ユニット」

 

点字を打ち込んだ結果

 

点字テプラで印字した結果

「ちょっとそこまでのお金はかけられないな。どうにかならないかな・・」と思って更に探していたところ、「点字用のテプラ」というのを見つけました。

  • テプラだから、文字の印刷と点字の打刻が重ねられる
  • 文字印刷と重ねられるから、点字が読めない自分でも、後で(便箋に貼り付ける際に)読むことができる
  • 使い勝手も、長く使われているテプラのものだからよく出来ている
  • 他のテプラと比べて"やや高め"ぐらいの値段に抑えてある
  • もちろん通常の文字だけで使うこともできる

なるほどこういう解があるんだなと思って納得してしまいました。

 

これをやることに決めた KING JIM は偉いと思いました。企業の社会的責任(CSR)を果たしているというのは、こういうことを言うんではないかと思ったりします(ちがうか)。素晴らしい取り組みだと思います。

 

 

これを使って点字のラベルを作り、便箋に貼り付ければ、点字のお手紙の出来上がりです。

 

 

 

とはいえ安くない価格です。使い勝手についてあらかじめ知りたいでしょう。

「点字プリンター」と呼ばれるものに比べて安いものの、それなりのお値段(3万ぐらい)するので、ぽっと思いつきでは買えないでしょう。でも量販店に行っても店頭で試すことはできません。

 

という訳で、使い勝手を、ソフトの画面キャプチャと、動画で紹介していきます。

 

普通のテプラと同じように、本体だけでも使えるのですが、マニュアルを見ても良くわからなかったので、付属していたソフト(PCラベルシステム SDL6 1.0)をパソコンにインストールして、そのソフトでラベルを印刷することにしました。

 

パソコンとテプラ本体は、USBケーブルで繋ぎます。

 

1. まず、ソフトを起動したら、左上の「あ」と書いてあるボタンで文字を入力します。(下図)

 

点字テプラの付属ソフト使い方

 

2. 次に上図の「::」のようなマークのボタンを押すと、点字入力用の画面(下図)が出てきます。

 

点字テプラ付属ソフト

 

3. 上図で「貼り付け」ボタンを押すと、ラベルに点字を重ねられるようになるので、重ねます(下図)。

 

テプラ付属ソフト

 

4. あとは上図の「印刷」ボタンを押すと、ラベルが印刷されます。(この時点では文字だけ)

 

5. 印刷されたラベルを、本体の右上にある「点字ユニット」に差し込んで、

  本体の「選択」ボタンを押せば、ラベルに点字が刻印されます。(けっこう音がします)

 

使ってみた様子は、動画にしてみました。特に使った時の音が気になっている方、ご参考にどうぞ。

 

 

 

動画で使い勝手の説明をしています

 

Amazonで買えます

Amazonで買えます。

 

ぼくは量販店で買いましたが、そのときより今のAmazonの方が安いですね。。現時点(2009年12月)で、36% も値引きされてます。

 

点字テプラ

 

点字テプラ SR6700D

 

Amazonの詳細ページへ

 

まとめ

点字の印字出来るテプラを紹介しました。

 

もし「点字のお手紙を書きたい」、「手すりに点字の案内を貼り付けたい」というような必要が出たなら、検討してみてください。

 

 

トップに戻る?