bunguhack top

[ japanese | english ]

A5のルーズリーフ用バインダー   

なんでA5サイズ?

ミーティング用のメモ、勉強に使うノート、思いついたことをまとめるノートとして、A5サイズのルーズリーフ用バインダーを使っています。

 

A4やB5は少し大きいなと思うので、A5にしてみたのですが、なかなかちょうど良い感じです。

 

また、一番使われている印刷用紙は「A4」だと思いますが、A4サイズで1枚に2ページ印刷しておけば(これはたいていのプリンターで、印刷するときの設定で出来るはずです)、ちょうど半分に折ってこのバインダーに綴じられるというのが便利です。

 

見た目も安っぽすぎず(プラスチックの透明のとかはかわいいんだけど職場にはちょっと・・という感じなので) 、ごつかったり高かったりするものでもない(革製でびっくりする値段のものがありますよね)、なんというか地味な感じが気に入ってます。

 

a5binder

 

A5サイズなんです

 

a5binder

 

全体のサイズに合わせて

リングも小さくなっているのも良い

 

 

例によってバインダーについても語る

 

Amazonで買えるよ!

A5サイズのバインダーも中身もAmazonで買えます。

 

・・・と思ったら5mm方眼の方は品切れですね。上下にマチがあるものはあったのだけど、このルーズリーフのように方眼が端までみっちり入っているのがオススメなので、入荷されることを待ちつつ、このリンクはそのままにしておきます。

 

binder

 

A5ルーズリーフ用バインダー

 

Amazonの詳細ページへ

binder

 

A5ルーズリーフ 5mm方眼

 

Amazonの詳細ページへ

 

まとめ

小さめの(A5の)ルーズリーフ用のバインダーが使いやすいですよという話でした。

 

 

 

トップに戻る?